既に年収の3分の1以上の融資を受けている人は、これ以上の借入は無理?

最近、消費者金融業界でよく言われている『年収3分の1ルール』

つまり年収の3分の1以上の融資を既に消費者金融で受けていると、もうそれ以上の融資は受けられないというルール

これって本当なんでしょうか?

それとも都市伝説か??


お金をもっと借りたい人間からすると、出来れば都市伝説であって欲しいと思うのですが、残念ながらこの「年収3分の1ルール」とは決して都市伝説でも迷信でもなく法律で決まっている事です(泣)

これは「総量規制」という法律です。

2010年の6月に決まってしまった法律で、個人の借入総額が原則、年収等の3分の1までに制限される決まりです。

個人の借入とは「消費者金融」とか「カードローン」とか「クレジットのキャッシング」など主に無担保のフリーローンです。

例えば、年収400万円のあるサラリーマンが消費者金融で50万円の融資を申し込んだとしましょう。

しかし、このサラリーマンは既に他社で120万円のお金を借りていました。

120万円の融資は、彼の年収400万円の3分の1です。

この消費者金融会社は彼が既に年収の3分の1を他社で借入している事を理由に審査を通しませんでした。

結局、このサラリーマンは消費者金融で融資を受けることが出来ませんでした・・・・。

このサラリーマンは総量規制の法律に引っかかってしまうから借りれなかったのです。

では、なぜ消費者金融会社は、このサラリーマンが既に年収の3分の1の120万円を借りていたことを知っているのでしょうか?

これは「個人信用情報機関」に彼の借入情報が記録されているからです。

ローン業者が会員として加盟している個人信用情報機関に照会をすれば、お客の現在の借入状況って分かってしまうんですよね・・・。




仮に、消費者金融に融資申込をしたお客が申込書に嘘の申請をしてもです!

本当は120万円の借金を他社の消費者金融で既にしているのに、申込フォームには「借入30万円です」とうその申請をすることも可能です。

しかし、ウソの申請をしても大抵はバレてしまいます。

融資の申し込みを受けた消費者金融会社は、加盟先である個人信用情報期間に照会して確認をすれば、申し込みをしてきた人の現在の借入状況が分かってしまうからです。

そんなわけで、、、消費者金融では2010年6月に決まってしまった総量規制の法律により、年収の3分の1を超える融資を既に受けることは出来なくなりました。

『どうしてもお金を借りたい!!』

『今現金を借りないと困る!!』

・・・・そんな人もいるかもしれませんが、法律で決まってしまっているので、どんなに審査の甘い消費者金融にお願いしてもマトモなところでは借りることができません。

闇金ならば借りることも出来ますが、、この手段はあまりおススメしません!!

ただ、この法律と関係なく年収の3分の1以上借りれる安心ローンも実はあります。

それは総量規制対象外のローンです。

『そんな有難いローンってあるのか?』・・・・と思う人もいるでしょう。

また、、、、『闇金以外で年収の3分の1以上借りれる所があるなら是非利用したい!!』と思う人もいるでしょう。

その有難いローンに関してはまた次の機会にご紹介してみたいと思います。