お金が借りれない原因は総量規制に引っかかっている可能性が高い

お金を借りたいけど借りれない・・・。

消費者金融に申し込んでも審査がなかなか通らない・・・そんな人も多いかと思います。

ちまたで審査が甘いと言われている消費者金融に何件か申し込みするも審査に落ちてばかり。

一体なぜ審査が甘い消費者金融でも落ちてしまうのだろう、借りれないのだろう?

最近、消費者金融で借りれない一番の原因は『総量規制』に引っかかっている場合が多いです。

総量規制とは簡単に説明すると、消費者金融やキャッシング、フリーローンなどは年収の3分の1を超える融資が受けられないという法律です。

近年施行された法律ですが、その総量規制のせいでお金が借りれない人が激増しているのです。

例えば年収が300万円のサラリーマンは、その3分の1である100万円までしか借りれません。

年収100万円のフリーターの場合は、その3分の1である30万円が限度です。

このように年収3分の1以内というリミットが法律で決まっている以上、これ以上の融資を受けることはできません。

あなたがもし、お金を借りたいのに消費者金融やキャッシングの審査に落ちまくっているならば既に総量規制に達している(年収の3分の1以上借りている)事を疑ってみましょう。

スポンサードリンク



総量規制以上にお金が借りれるローンってあるのか?

では、既に総量規制以上にお金を借りてしまっている人が、年収の3分の1を超える融資を他のローンで受けられるのだろうか?

総量規制とは関係なくお金が借りれるローンがあるのか?

これは実はあるんです!

あなたの身近に総量規制対象外のローンがあります。

それはどこかと言いますと銀行ローンの類です。

有名どころでは都市銀行の銀行カードローンなどが総量規制対象外です。

また地方銀行のカードローンにも総量規制対象外のローンが多いです。

一見すると審査が厳しそうでお金を貸してくれなさそうなイメージの銀行カードローンですが、意外に限度額に関しては寛大なのです。

そう年収の3分の1以上借りることも可能なのが銀行カードローンです。

なぜなら総量規制対象外だから・・・。

では、どうして銀行カードローンは総量規制対象外なのか?

それは銀行ローンは総量規制の法律がある貸金法の適用を受けないからです。

銀行はあくまでも銀行なので銀行法の法律に従います。

銀行法の法律には「年収3分の1を超える融資はいけない」という決まりはありません。

だから銀行カードローンも総量規制とは無関係で年収の3分の1以上借りれるのです。

クレカ現金化も総量規制以上にお金を借りれる?

ところで・・・裏ワザですが、「クレカ現金化」という資金調達手段があります。

これはクレジットカードのショッピング枠を現金化する手法であります。

貴方がクレジットカードを持っていて尚且つショッピング枠を持っていればその範囲で現金に換金することが出来ます。

換金率は現金化業者に依頼すると70%~90%位です。

本当にお金に困っていて、どこに行っても借りれない人はクレカ現金化を試みてみると良いでしょう。

キャッシング最後の砦、最後の手段としては切り札であり非常に有効です。

なんせクレカ現金化は金融業者では無いしローン会社でもありません。

だから審査というものがありません。

無審査でお金が借りれるのと同じようなものです。

ただクレカ現金化も使い過ぎは禁物です!

あくまでも最後の手段としてお使い下さい。