ホンダのF1復帰? コース上のエコカーへ、煙たい毒舌レビュー!

ホンダ F1復帰 雑記・日記

ホンダ、F1復帰って何? カーボンニュートラルに燃え上がるエンジンの音!

F1マシン

おーい、誰だよ、ホンダがF1に戻ってくるとか誰が聞いたんだ?

なんか、うちのジジイがラジオ体操復帰するみたいなもんだよな、これ。

だってさ、ホンダってば1964年からF1に何度も出たり辞めたり、なんかマイペースすぎじゃね?

昔のアイドル芸能人がオバサンになってからテレビに出たり消えたりしているようなものじゃん!

エンジンの出力を強化して、CO2排出を更に抑制するんだってさ。

なんだかんだ言って、それなりに環境には気を使ってるんだな。

だけどさ、レース中に排ガスが少ないって何がいいんだ?

ファンにとってはエンジンの轟音と排ガスの匂いがたまらないんじゃね?

それを無くすんじゃ、美味しい寿司にワサビを抜くみたいなもんだぞ。

でもまぁ、結局のところ、ホンダはまたF1に戻ってきて、なんかすごい技術を見せつけるんだろうな。

なんたって、昔はマクラーレン・ホンダって名前でF1を席巻したからな。

なんだかんだ言っても、それはすごいことだよ。

まぁ、その技術をうちの車にも使ってくれればいいんだけどな。

一瞬で通勤ラッシュを突破できるような車が欲しいぞ、ホンダよ。それができたら、君のF1復帰を祝うよ。

 

ホンダが2026年にF1に5年ぶりの再参戦を予定

ホンダ F1

ホンダは、24日に、世界最高峰のレース、F1シリーズに2026年に戻る計画を明らかにした。

彼らはエンジンの提供を予定しており、これは5年ぶりの復帰となる。

F1では2026年に二酸化炭素(CO2)の排出制限が厳しくなる見通しであり、それを通じて環境技術の強みを強調する予定である。

イギリスのアストンマーチンにエンジンを含む駆動装置を提供する計画である。

現在、F1ではエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド方式が採用されている。

再参戦に向け、モーターの出力を向上させ、CO2排出をさらに低減するエンジンを提供する予定である。

ホンダは1964年のF1デビュー以来、何度も参戦と撤退を繰り返してきた。

最近では2021年に、電動車などへのビジネスリソースを集中するために、F1向けのエンジン開発から撤退した。

その一方で、F1界は2026年から新たなCO2排出削減の規定を導入し、燃料はCO2排出を低減する合成燃料に移行する見通しである。

社長の三部敏宏氏は24日の記者会見で、「F1がホンダの目指すカーボンニュートラルの方向性と一致する存在になった。

再参戦により得られる技術開発や人材育成の価値は大きい」と述べた。

ホンダは1980年代から1990年代にかけて、「マクラーレン・ホンダ」の名でF1で圧倒的な力を示し、ブランドの強化に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました