銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しいって本当?

一般的に、銀行のカードローンは消費者金融よりも審査が厳しいといわれております。

それは本当でしょうか?

確かにそう当てはまる場合もありますが、最近ではそう言い切れない点もあります。

それぞれの銀行や消費者金融によって審査基準が異なりますので、「銀行が審査が厳しい」とか「消費者金融だから審査が甘い」とか一色田にいえないですね。

インターネットのキャッシングの審査口コミ情報などを見ても分かります。

どうみても審査が通らなそうなダメ男が大手の都市銀行のカードローンの審査が通ってお金を借りれている事例を見かけます。

『えっ~~!こんな奴が!!???』・・・・みたいな底辺ダメ男がです。

一方で、普通に働いていてそこそこ良い会社に勤めていて、どこの消費者金融でも銀行でも審査に通りそうなエリートサラリーマンが審査が簡単だと言われている消費者金融会社の審査に落ちたり・・・・

消費者金融の審査の世界は、このように不可解で魑魅魍魎なことがよくあります。




だから消費者金融やカードローンの世界において「銀行系だから」とか「大手だから」とか「消費者だからとか」で審査基準を自分で勝手に決めつけない方が良いですね。

なぜなら本来、銀行のカードローンで借りれるはずなのに、「私では無理かな・・・」と勝手に決めつけてしまい、もっと金利が高くて貸付条件の悪い消費者金融や街金などで借りてしまう人もいるからです。

過去の私自身もそうでした!

私自身、アルバイトでしたが月収30万円位稼いでいるレギュラー勤務でした。

本来ならば大手の消費者金融でも楽勝で審査が通り借りれるはずなのに、「自分では大手は無理かな??」と勝手に決めつけてこともあろうに・・・しょうもない闇金に申し込んでしまったこともありました(ヤバイと気付いてすぐに逃げましたが・・・)

そんな事もありますので、まずは自分の事をよく見直してみましょう。

特に「自分自身の過小評価」はダメです。

『自分は大手や銀行カードローンでも借りれるぞ!』という気持ちで最初は貸付条件の良い大手や銀行カードローンから申し込むのが良いです。

属性が低い人でお意外に借りれる事が多いです。

なぜなら今の銀行カードローンは大半が「アルバイト、パートOK」となっています

また銀行カードローンは総量規制対象外なので専業主婦でも借りれる所も多いのです。

銀行カードローンも消費者金融もそれほど審査基準は変わらない

中には審査が渋い銀行カードローン会社もありますが、これは少数派です。

最近では多くの銀行カードローンは審査がそれほど難しくありません。

普通に働いている人ならば審査が通らない訳がありません。

審査が通らない人は、よほどの「訳あり人物」ということになります。

なぜ、銀行カードローンは消費者金融とそれほど審査基準や審査難易度が変わらないのかと言いますと・・・銀行カードローン会社の審査業務は大手の消費者金融が委託して請け負っている事が多いからです。

表面上は銀行カードローンでも、実際の審査は消費者金融会社が行っている事が多いのですね。

だから銀行カードローンも消費者金融も審査基準はそれほど変わらないということになります。