そもそもパート主婦は消費者金融でお金借りれるのか?

パート主婦でも消費者金融でお金を借りる事は可能です。

少なくとも大手の消費者金融は全社、パート主婦でも融資が可能なはずです。

大手の消費者金融の貸付条件などの表記を見ても「アルバイト、パートでもOK」となっております。

パートでもOKということはつまり、パート主婦でも借りれるということを意味します。

現在パート主婦の方でどうしてもお金を借りたいと思っている方は大手の消費者金融に申込むと良いでしょう

パート主婦はサラリーマンよりも消費者金融の審査は不利か?

では、パート主婦はサラリーマン等に比べて消費者金融の審査通過に有利・不利はあるのか?

それは、それほど気にする必要はありません。
審査通過率に関していえば、サラリーマンもパート主婦もそれほど変わりません

パート主婦だろうがサラリーマンだろうが、働いていて毎月安定収入があれば消費者金融でお金は借りれます。

ただ、サラリーマンとパート主婦で差がつくのは『限度額』です。

やはり正規雇用者である程度の収入があるサラリーマンと、非正規雇用者で少ない収入のパート主婦とでは借りれる限度額もおのずと決まってしまうからです。

消費者金融では年収が多い人の方が相対的に多くの限度額で契約できます。

以上、パート主婦は消費者金融でお金を借りる場合、サラリーマンに比べて審査通過率よりも限度額で差が付いてしまうという事です




パート主婦はいくら位のお金を消費者金融から借りれるのか?

では実際にパート主婦の方は消費者金融で一体いくら位のお金を借りれるのか?

これから消費者金融でお金を借りたいと思っているパート主婦ならば気になる所ですよね??

これは、それぞれのパート主婦の年収によって契約できる限度額は異なって来ます。

パート主婦によって個々の年収と融資限度額は異なりますが、消費者金融で借りれる限度額の相場はだいたい初回20万円~30万円位です。

なかには初回50万円の限度額で可決するパート主婦の方もいますが、そういう人は大抵は正社員クラスのフル勤務で働いている人がほとんどです。

だいたいは20万円~30万円からスタートして、その後の利用実績により限度額が少しづつ増えると言った感じですね。

ところで、消費者金融では「総量規制」という法律があって、消費者金融会社はこの総量規制の法律に従って融資を行わなければなりません。

総量規制の決まりとは「年収の3分の1を超える金額を融資できない」というものです。

従って、あるパート主婦の方が他社の消費者金融で既に年収の3分の1以上借りている場合は、新規で1円も借りれないという事です。

これはパート主婦だけに限らずサラリーマンでもアルバイターでも公務員でも同じですが・・。

消費者金融の審査に通りやすいパート主婦の例

では実際に消費者金融の審査に通りやすいパート主婦の例をあげてみます

1)毎月、小額でもいいから安定した収入があるパート主婦の方

※逆に単発だけ収入が多い人は消費者金融の審査に不利です(水商売系など)

2)勤続年数が長いパート主婦

最低でも1年以上働いている人が審査に通りやすいです。

3)一つの職場に長く働いているパート主婦さん

※収入安定性があると評価されます。
逆に転職ばかりしているパート主婦さんは審査に不利になります

4)人の入れ替えが少ない業種や職種は審査に有利

※逆に人の入れ替えが激しい業種や職種は審査が通り難いです(水商売や営業職、きつい肉体労働系)

5)国保より健保(国民健康保険よりも健康保険)の方が審査に有利

※つまり社会保険が完備のパートの職場の方が審査が通りやすいといえます
これは派遣社員でも同じことがいえます

6)在籍確認がしっかりとれる職場は審査に有利

※審査に有利・・・・というよりも必須ですね!

そもそも在籍確認が取れないと消費者金融の審査には通りません。

在籍確認とは職場電話連絡です。

消費者金融会社の職員が個人名で融資申し込み者の職場に電話で在籍の確認します。

申請した職場で本当に働いているかをチェックする為にです。

パート主婦が家族にばれずにお金を借りるには

パート主婦の方が消費者金融でお金を借りる際に気になるのは、「家族や旦那などにばれないで借りたい」という事ですよね?

家族にばれずにお金を借りるには、自宅に郵送物(契約書やキャッシングカード)などがパート主婦の留守中に届かない事が大事です。

パート主婦の方が留守中に消費者金融の融資契約書やキャッシングカードなどが届いて旦那さんや家族にばれてしまっては・・・と考えると少し怖いですよね?

その点でも最近の消費者金融では上手くやる事ができます。

具体的にパート主婦が家族にばれずに消費者金融で借りる場合は以下の手順を行えばOKです

1)申込みはインターネットで行い、契約書とカードは最寄りの窓口か無人契約機に行けばOK

これならば家族に契約書やカードを見られることはありません

2)完全WEB申込みの消費者金融会社を選ぶ事

最近ではWEB契約という方式を行っている消費者金融も多く、それを選択すると自宅に「契約書類」や「キャッシングカード」が届くことがありません。

電子書類による契約書で、カード無し(インターネットの会員画面)でお金を借りたり返済できます

3)時間指定や本人限定郵送を行う

自分が家に居る時に契約書やカードを送って貰えるように時間指定をすればOKですね。

あと本人限定郵送といって本人しか郵便物を受け取れないというやり方もありです。

4)郵便局留めにしてもらう

郵便局留めに対応してくれる消費者金融会社もあります。

契約時にお願いしてみると良いでしょう。

対応して貰えれば自宅に郵送物が届く事はありません。