スーパーの店員さんは消費者金融の審査に通るか?借りれるのか?

街のスーパーで頑張って働いているスーパーの店員さん。

貴方がスーパーの店員さんで消費者金融でお金を借りたいと検討されているならば、この記事はお役に立てるでしょう。

スーパーの店員さんでも消費者金融でお金を借りることは十分に可能であります。

ただ、全てのスーパーの店員さんが確実にお金が借りれるとは限りません。

審査が通る店員さんもいれば、審査に落ちてしまう店員さんもいるでしょう。

では、実際に消費者金融の審査に通りやすいスーパーの店員さんはどんなタイプでしょうか?

以下のスーパー店員さんで消費者金融の審査が通りやすいか?

スポンサードリンク



1)正社員のスーパーの店員さん(勤続半年~1年以上)は?

正社員ならば消費者金融の審査に通りやすいでしょう。

特に勤続半年~1年以上の勤務をこなしている正社員のスーパーの店員さんにおいては、収入もそれなりにありますし、収入も安定しております。

従って消費者金融の審査に落ちるということはあまり考えられません。

過去に事故歴や延滞歴などなければ問題なく融資が受けられると思われます。

但し、既に他社の消費者金融やカードローン等で何件もお金を借りている場合は審査に落ちてしまう場合もあります。

正社員のスーパーの店員さんの消費者金融の融資限度額は30万円~50万円位でしょう。

2)アルバイトのスーパー店員さんは?

アルバイト勤務のスーパーの店員さんの場合は、消費者金融の審査に通る人と落ちる人に分かれるでしょう。

アルバイト勤務で消費者金融の審査に通るスーパーの店員さんのおおよその基準は「勤続半年~1年以上で週に3日以上で1日4時間以上の勤務」が最低限のボーダーラインでしょう。

それ以下だと審査に通らない場合もあります。

もちろん、、過去に事故歴が無くて、現在多重債務が無い事が望ましいです。

アルバイト勤務のスーパーの店員さんが消費者金融でお金を借りれる限度額はおおよそ5万円~30万円位でしょう。

それぞれのアルバイトさんの年収、月収によって限度額はことなります。

3)パートのスーパー店員さんは?

パート勤務のスーパーの店員さんの場合は勤続半年~1年以上あれば審査が通る人も多いかと思います。

借りれるパートさんは最低ボーダーラインは「週に3日以上~、1日3~4時間以上」は必要かと思われます。

それ以下だと審査の甘い消費者金融とて少し難しいかなと思います。

スーパーのパートさんが消費者金融で借りれる限度額はおおよそ5万円~30万円位です。

それぞれのパートさんの年収や月収によって異なります

4)短期雇用のスーパー店員さん

短期雇用のスーパーの店員さんは勤務形態は「アルバイト、パート、派遣、臨時雇用」などです。

勤続半年以下の人がほとんどです。

これらの人が消費者金融でキャッシングするのは少し難しいでしょう。

消費者金融に申し込んでも大半が審査に落ちてしまうかと思われます。

ごく稀に激甘審査の消費者金融等に申し込んで小口の融資が受けられる場合もありますが、あまり過度な期待はせずに勤続年数(勤続月数)をもう少し稼いでから再度チャレンジすると良いです。

スーパー店員さんについて(仕事、給与、雇用形態など)

・スーパーの店員さんの雇用形態は正社員、アルバイト、パート、臨時、派遣、契約社員などです

・スーパーの店員さんの正社員は働き盛りの男性が多い(20代、30代~)、アルバイトやパートに仕事を指示、管理する立場の人もいます。

・アルバイトやパート勤務でスーパーで働いている店員さんは学生、フリーター、主婦、年金受給者、などです。

・スーパーの店員さんの給料は正社員だと月収20万円~位です(勤続年数によって異なる)

・スーパーの店員さんのアルバイト、パートの給料は時給800円~1000円以上です(地域や時間帯によって異なる)

スーパーの店員さんでも借りれる審査の甘い消費者金融の一覧

⇒某大手スピード審査の消費者金融

・大手の中では最も審査が通りやすく柔軟です

・アルバイト、パート、派遣社員、契約社員でも借りやすい

・スーパーの店員さんでも即日の融資が可能

・勤続年数が短くても審査に通りやすい

・他社の借入があっても融資を受けられやすい

⇒ライフティの消費者金融

・審査が通りやすい中小の消費者金融会社です

・大手で借りれない場合はこちらにしましょう

・安心の優良会社です

・ブラックOKの柔軟審査

・スーパーのパート、アルバイトさんでも問題なく借りれます。