派遣アルバイトの方がお金を借りたい時に大手の消費者金融に申し込んだ場合、審査に通るか?

派遣アルバイトはここ10年位前から普及しだしてきました。

いつでもお手軽にお仕事が出来ると言う点ではこれ以上便利な仕事手段は他にありません。

あなたも一度は派遣アルバイトをやったことがあるのではないでしょうか?

私も学生時代やフリーター時代に結構やりました。

特に本業の仕事を辞めてしまった時に次の仕事のつなぎとして派遣バイトはとっても助かりましたね。

登録しておけばいつでも仕事が出来ますし、給料は日払いで貰えることも多いし、金欠時にはとっても便利です。

そんな派遣アルバイトの人が大手の消費者金融でお金を借りることが可能でしょうか?

一般のアルバイトと比べて派遣場アルバイトはカジュアルでお手軽すぎて収入の安定性に少し不安があります。

そんな派遣アルバイトは一見すると消費者金融の審査に不利に思えます。

確かに派遣アルバイトは大手消費者金融の審査は不利で落ちる人も相当数いるでしょう。

しかし、中にはお金を借りれる人もいるはずです。

私の知り合いでもずっと派遣アルバイトをやっていた人が大手の3社の消費者金融でお金を借りれておりました。

つまり派遣アルバイトといえども、それぞれの労働者には個人差があり、審査が通るタイプと審査が落ちるタイプがいるかと思われます。

派遣アルバイトで審査に通るタイプと落ちるタイプを取り上げてみましょう

派遣アルバイトで審査に通るタイプの人

タイプ1)勤続年数が長い人(前年度の源泉徴収票)を収入証明として提出できる人

勤続年数が長いとそれだけ審査時に安定収入をアピールすることが出来ます。

2年以上、派遣アルバイトをやっている人は大手の消費者金融といえども審査に通りやすいでしょうね。

2年以上勤めていれば前年度の源泉徴収票も発行できます。
源泉徴収票は長期勤務の証明書にもなります。

数か月分の給与明細を提出するよりも収入安定性の信用度が高く審査にも通りやすくなるでしょう。

タイプ2)レギュラー勤務の人、毎日休まずフルタイム勤務をしていてリーダークラスの派遣アルバイター

派遣バイトでフル勤務、フルタイムで働いている人

もう社員の人と変わらない労働量を毎日こなしている人、レギュラーとして仕事を任されている人、リーダーとして仕事を任されている人などは、それだけ毎月の収入も安定しております。

こういう人も安定収入があると評価され、大手消費者金融の審査に通りやすいといえます。」

実際に私の知り合いでも派遣バイトでありながら現場リーダーをやっていて、大手の消費者金融に通った人がおります。




タイプ3)派遣先で在籍確認が取れる人

これは結構重要ですね。

消費者金融会社は審査時に必ずお客さんの在籍確認を取ります

職場に「〇〇さんいますか~~」と電話をします(消費者金融会社を名乗らず個人名で電話します)

この在籍確認は、融資の申し込みをしてきたお客さんが本当に申請した職場で勤めているのかどうかを確認する電話です。

派遣先で在籍確認が取れれば、仕事をしている証明につながるので消費者金融の審査が通りやすくなります

タイプ4)クレヒス内容が良い人

クレヒスとは「クレジットヒストリー」の略です。

あなたが過去(5年間~7年間)で利用してきたクレジットカードやローンの借入履歴や返済履歴などを個人信用情報機関に記録されております。

携帯の分割払いなどもクレヒスの履歴に残ります。

過去5年間に長期延滞や破産、債務整理などをせずにきちっとローンやクレジットカードを払っている人はそれだけクレヒスの成績も良いと評価されて消費者金融の審査にも通りやすいでしょう。

逆に2か月以上の長期延滞をしていたり、破産歴、債務整理歴などがあると個人信用情報機関では「事故情報」として記録が残ります

これが俗に言うブラックリストです。

個人信用情報の履歴が事故情報がなく、利用実績が良いと信用度が増すのでクレジットカードや消費者金融の審査に通りやすくなります

派遣アルバイトの方でもクレヒス内容の良い人ならば大手の消費者金融でお受かることが多いですね

・・・・・・以上のタイプの人はたとえ不安定なイメージの派遣アルバイトでも大手消費者金融で審査が通りやすいタイプです。

派遣アルバイトで審査に通らないタイプの人

次回につづく・・・・